従来の腹腔鏡手術と比べてさらに傷の少ない単孔式腹腔鏡手術を導入しました

内視鏡外科 部長 竹村 雅至

内視鏡外科部長の竹村と申します。

従来外科手術は開腹・開胸で行われ、傷が大きい手術が一般的でした。しかし最近では様々な手術に、患者さんの体に与える侵襲が小さいことや(いわゆる低侵襲手術)、傷が小さいなどの美容上の利点から腹腔鏡手術が導入されています。この腹腔鏡手術とは、お腹の中に炭酸ガスを入れて、お腹を膨らませたうえで、腹腔鏡と呼ばれるカメラを小さな穴からお腹の中に入れ、お腹の中を液晶画面に映し出して手術を行うという特殊な手術です。これまでの開腹手術と異なり、外科医が直接手で触れたり、目で見たりすることができない手術であり、特殊な手術器具を使って行います。

この腹腔鏡手術は小さな穴(通常5mmから10mm)をお腹にあけて、それを通して長い手術器具を出し入れして行うことから、通常数個の穴が必要になります(いわゆる多孔式腹腔鏡手術)。この腹腔鏡手術は近年急速に普及するとともに、術式の改良やそれに用いる手術器具の開発や改良が進みました。この際に考えられた術式のひとつが単孔式腹腔鏡手術で、お腹にあけたひとつの穴から複数の手術器具を入れて手術を行うという腹腔鏡手術のひとつです。この単孔式腹腔鏡手術はお臍を切開することで、その傷から手術操作を全て行い、傷を少なくかつ小さくすることができるという特徴があります。単孔式式腹腔鏡手術は傷が小さいことから、傷が目立たない、体への影響が少ない手術とされています。しかし、一方で小さな傷から手術器具を数本入れる必要があるため手術器具の可動性に制限が生じます。

tankou_image

このため、単孔式腹腔鏡手術は可能な手術が限られており、単孔式腹腔鏡手術を導入している施設の多くは炎症の高度な状態の方や癌の手術、以前にお腹の手術を行っている方は適応していません。南大阪病院での単孔式腹腔鏡手術の導入は、他施設での単孔式腹腔鏡手術の経験が豊富な医師の赴任により可能となりました。

単孔式腹腔鏡手術のメリット・デメリット

・メリット
 — 傷が小さく・目立たない
 — 傷の痛みが小さい

・デメリット
 — 手術器具の操作性が悪化する
  (補助的な手術器具を使うことで補うことが可能)

当院での現在の単孔式腹腔鏡手術の適応は、炎症が軽度な胆石症、胆嚢ポリープ、軽症の急性虫垂炎に限定しています。この理由は美容上や傷の少なさのメリットがある手術ですが、手術器具の可動性が悪いという特殊性から、従来の腹腔鏡手術でも若干難しい手術では開腹手術へ変更する可能性も高く、このような状態の方に適応することはメリットが少ないと考えて適応はしておりません。しかし、手技に対する慣れに従って様々な手術に適応することは可能と考えています。

単孔式腹腔鏡手術の適応

・軽症の胆石症による胆嚢炎

・胆嚢ポリープ

・軽症の虫垂炎(急性・慢性)

・その他(胃粘膜下腫瘍・審査腹腔鏡など)

当院外科では腹腔鏡手術を積極的に行い、新しい手術術式の導入や手術器具の導入も積極的に行っていますが、やはり安全性を優先することを重視しており、無理に適応することはしておりません。単孔式腹腔鏡手術が適応可能と判断した方に対しては、安全性に注意しつつ行っていく予定としていますが、術中に手術を続行することが困難であると判断した際には、単孔式腹腔鏡手術に拘泥するのではなく、手術器具を追加するまたは開腹へ移行する大切であると考えています。


内視鏡外科 その他のお知らせ

 ■ 従来の腹腔鏡手術とくらべてさらに傷の少ない単孔式腹腔鏡手術を導入しました

 ■ 制酸剤(プロトンポンプインヒビター:PPI)長期投与の問題点について

 ■ 食道裂孔ヘルニア・逆流性食道炎の手術件数が日本最多になりました

 ■ 食道裂孔ヘルニアに対する手術の効果と目的について

 ■ 食道裂孔ヘルニアという病気をご存知ですか?

 ■ 心臓に異常のない胸の痛みにつて

 ■ 食道の運動機能を測定する検査について(食道内圧測定)

 ■ 胃に対する外科的な手術後の難治性の逆流性食道炎について

 ■ 食道裂孔ヘルニアによる症状について

 ■ 逆流性食道炎の症状について

 ■ 当院で導入した減量手術(肥満手術)について

 ■ 食道裂孔ヘルニアに対してなぜ手術が必要か

 ■ 逆流性食道炎の治療について

 ■ 食道裂孔ヘルニアの手術適応について

 ■ のどの違和感とつまり感の原因について

 ■ 食道アカラシアという病気をご存知ですか?

 ■ 食道裂孔ヘルニアに対する治療と腹腔鏡下手術について

 ■ 当院で新しく導入した腹腔鏡内視鏡合同手術についてご紹介します

 ■ 当院における内視鏡外科(腹腔鏡下)手術について

  • 入院のご案内
  • ご面会について
  • 外来受診のご案内