ご高齢の方の嘔吐と胸の不快感の原因としての食道列孔ヘルニアについて

内視鏡外科 部長 竹村 雅至

内視鏡外科部長の竹村と申します。

ご高齢の方 (特に高齢の女性の方)では食後の嘔叶や胸の不快感が頻回に起こるため、 日常生活に制限か生じる方があります。 その原因は不明なことも多々ありますが、 原因のひとつとして考えられる疾患に食道裂孔へル二アがあります。

食道裂孔へル二アとは、 胸とお腹を隔てる簿い筋肉の膜である横隔膜に存在する食道裂孔という食道が通過する孔 (あな) を介して、 元々お腹の中にある胃が胸に脱出する病態で、 胃の位置異常が生じることにより様々な症状が起こります。

食道裂孔へル二アの症状で最も多いのは逆流性食道炎の症状と同様 (胸焼け ・呑酸など) ですが、ご高齢の方では逆流性食道炎の症状がでる方は比較的少なく、食後または夜間の嘔吐・胸部不快感が主な症状である方がおられます。 特に胃の大部分が脱出するような大きな食道裂孔へル二アを発症している方ではこの傾向か強くでます。

この様な場合には食道裂孔ヘル二アがあるために薬による治療ではなかなか改善しないことが多々あります。しかし、 その際でも有効な治療が食道裂孔へル二アに対する外科的冶療 (腹腔鏡下手術) です。外科的治療により、 胸に脱出 した胃を元の位置 (お腹)に戻し、 逆流しにくい形に作り替えることで症状の改善がえられます。

 

食道裂孔ヘル二アに対する手術はかなり以前より行われている手術ですが、 日本では食道裂孔へル二アを有する方が少ないとされ、 さらに症吠を伴う食道裂孔へル二アの方が少ないとされていたため手術の適応になる方は非常に少数のみでした。 ところか、 最近の高齢者人ロの増加に伴い大きな症状を呈する食道裂孔へル二アを有する方か急速に増加するに伴い手術件数が増加しています。

しかしながら海外に比ベて依然として日本では手術件数が少なく、 他の様々な消化器疾患に対する手術に比ベて経験豊富な外科医は殆どいないのが現状です。一方、 食道裂孔へル二アは良性疾患で胃癌や食道癌なとの悪性疾患と異なり、 絶対的な外科的冶療の適応は決まっていません。現在のところ、

 ① 薬ではコン卜ロールできない症状を有する方
 ② 大きな食道裂孔へル二アで嘔吐なとの症状が持続する方
 ③ 胃の捻転をきたすような大きな食道裂孔へル二アを拮つ万
 ④ 胃以外の他の臓器も脱出するような食道裂孔へル二アを持つ方

なとが手術の適応になると考えられています。

 

食道裂孔へル二アに対する外科的治療は腹腔鏡下に行われることが通常ですか、 本邦ではまだ件数は少なく安定して行える施設は少数です。 当院では食道裂孔へル二アに対する手術件数が日本で最も多く、 手術か安定して行えることで、 治療成績も安定しております。
食道裂孔ヘル二ァによる嘔吐かある方に外科的治療を考慮される場合には当院を受診いただければ症状改善の一助になり得ると考えます。


内視鏡外科 その他のお知らせ

 ■ ご高齢の方の嘔吐と胸の不快感の原因としての食道列孔ヘルニアについて

 ■ 従来の腹腔鏡手術とくらべてさらに傷の少ない単孔式腹腔鏡手術を導入しました

 ■ 制酸剤(プロトンポンプインヒビター:PPI)長期投与の問題点について

 ■ 食道裂孔ヘルニア・逆流性食道炎の手術件数が日本最多になりました

 ■ 食道裂孔ヘルニアに対する手術の効果と目的について

 ■ 食道裂孔ヘルニアという病気をご存知ですか?

 ■ 心臓に異常のない胸の痛みにつて

 ■ 食道の運動機能を測定する検査について(食道内圧測定)

 ■ 胃に対する外科的な手術後の難治性の逆流性食道炎について

 ■ 食道裂孔ヘルニアによる症状について

 ■ 逆流性食道炎の症状について

 ■ 当院で導入した減量手術(肥満手術)について

 ■ 食道裂孔ヘルニアに対してなぜ手術が必要か

 ■ 逆流性食道炎の治療について

 ■ 食道裂孔ヘルニアの手術適応について

 ■ のどの違和感とつまり感の原因について

 ■ 食道アカラシアという病気をご存知ですか?

 ■ 食道裂孔ヘルニアに対する治療と腹腔鏡下手術について

 ■ 当院で新しく導入した腹腔鏡内視鏡合同手術についてご紹介します

 ■ 当院における内視鏡外科(腹腔鏡下)手術について

  • 入院のご案内
  • ご面会について
  • 外来受診のご案内