食道裂孔ヘルニアに対してなぜ手術が必要か

内視鏡外科 部長 竹村 雅至

内視鏡外科部長の竹村と申します。

食道裂孔ヘルニアは胸とお腹の境界にある横隔膜と呼ばれる薄い筋肉の膜に開いている食道裂孔という穴を通して、お腹の中にある胃や大腸・小腸などの臓器が胸に脱出する病態です。大部分の方は胃だけが脱出している軽度の食道裂孔ヘルニアですが、穴が大きくなると胃だけではなく大腸や小腸も脱出するようになります。非常に頻度の高い疾患として知られており、内視鏡検査を受けられた方の約半数に食道裂孔ヘルニアが診断されます。しかし、そのほとんどの方は軽度の食道裂孔ヘルニアであり、症状も軽く食道裂孔ヘルニアに対してのちりょうは要しません。その一方で、食道裂孔ヘルニアは食道と胃のつなぎ目が緩むことで逆流性食道炎を生じる最も大きな原因であり、逆流性食道炎にに関連した様々な症状を引き起こす可能性があります。

食道裂孔ヘルニアは突発的な胸痛、心窩部(みぞおち)の痛みや不快感、嘔吐、にがいものが口まで上がってくる、喉の詰まり感など多彩な症状を呈します。これらは逆流性食道炎の症状と同じで、食道裂孔ヘルニアでは特にこれらの症状が夜間や寝ているときに出やすく、ひどいときには寝ていても突然の胸痛やみぞおちの痛みで目を覚ますような方がおられます。食道裂孔ヘルニアに対する治療は逆流性食道炎に対する治療と同様であり、胃酸分泌を抑える薬や胃から食べ物を排出されやすくする薬が使われます。胃液の中の胃酸を抑えることで、食道内に入ってくる胃液の刺激性を下げることができ、逆流性食道炎に伴う様々な症状が軽くなります。

しかし、食道裂孔ヘルニアの場合は食道と胃のつなぎ目が緩いため、逆流そのものを抑えることができません。このため、突発的な嘔吐や夜間に逆流してくるなどの症状は持続する方がおられます。薬での治療のみではなく、夜間に頭を高くして寝ることや、お腹を締めすぎない、食後すぐに横にならないなどの日常生活での注意点を守ることも症状を抑えるために非常に大切になります。多くの方はこれらの薬による治療や日常生活の注意で症状が改善しますが、症状が持続する方は外科的治療の適応となります。

一方最近では、ご高齢で背中の曲がっているような女性で、胃がすべて脱出するような非常に大きな食道裂孔ヘルニアを有しておられる方が増えてきています。このような方では食事は可能なのですが、食後に胃部不快感が持続したり、嘔吐があったり、さらに嘔吐に伴って誤嚥性肺炎を生じたりします。胃以外の臓器の脱出を伴っていることもあり、突然に大量の嘔吐を生じたり、脱出臓器の壊死を生じることもあることが報告されています。

このため、症状のある大きな食道裂孔ヘルニア(胃が1/3以上脱出するような)は食道裂孔ヘルニアの手術経験のある外科医が手術の必要性の有無を判断する必要があるとされています。当院では昨年より食道疾患に対する外科的治療を積極的に行い、腹腔鏡下に行う食道裂孔ヘルニアの手術件数も20件を超えております。日本内視鏡外科学会の腹腔鏡手術のアンケート調査でも食道裂孔ヘルニアに対する腹腔鏡下手術は日本全体で年間約300件ほど行われているのみであり、当院の手術件数は日本全体から見てもかなり多いことが分かります。食道裂孔ヘルニアに対する手術は患者さんの生活の質を改善できる数少ない外科的治療です。当院外科では今後とも安全に行っていくを念頭に手術を行っていきます。

 

食道裂孔ヘルニアに対して手術が必要な理由

  • ・内服薬によっても逆流性食道炎の症状が改善しない場合
  • ・突破的な胸痛を繰り返す場合(特に夜間)
  • ・喉の違和感がとれない
  • ・胃が全て脱出したり、大腸や小腸など他の臓器まで脱出している場合
  • ・誤嚥性肺炎を繰り返す場合
  • ・食後に胸の違和感が持続する場合

 


内視鏡外科 その他のお知らせ

 ■ 当院で導入した減量手術(肥満手術)について

 ■ 食道裂孔ヘルニアに対してなぜ手術が必要か

 ■ 逆流性食道炎の治療について

 ■ 食道裂孔ヘルニアの手術適応について

 ■ のどの違和感とつまり感の原因について

 ■ 食道アカラシアという病気をご存知ですか?

 ■ 食道裂孔ヘルニアに対する治療と腹腔鏡下手術について

 ■ 当院で新しく導入した腹腔鏡内視鏡合同手術についてご紹介します

 ■ 当院における内視鏡外科(腹腔鏡下)手術について

  • 入院のご案内
  • ご面会について
  • 外来受診のご案内