回復期リハビリテーション病棟 | 入院のご案内

回復期リハビリテーション病棟とは

脳血管疾患(脳卒中)や下肢の骨折(大腿骨骨折など)、肺炎治療後などの患者様に早い時期から積極的なリハビリテーションを行う専門病棟です。 より早い回復、家庭復帰を目指した計画をたて目標をもって専門的リハビリテーションを行います。

リハビリテーション計画は専従医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚療法士、ソーシャルワーカーなどスタッフ共同で患者様、ご家族様の希望をとりいれて作成します。 計画目標達成時期が退院の目安です。
退院前にはご自宅の改修が必要な方、介護保険利用や介護施設の入所希望のある方など退院後の生活、療養の基盤作りにソーシャルワーカーがお手伝いたします。

 担当医師 : 河本 吉満 、 鳴尾 好人

対象患者さま

回復期リハビリテーション病棟では、病名と、病気・怪我を発症してから入院するまでの期間が決められています。 たとえば、脳梗塞や脳出血などの脳血管障害、大腿骨頚部骨折、脊髄損傷、頭部外傷、肺炎や外科手術の治療時の安静による廃用症候群(安静状態が長期に渡って続く事によって起こる、さまざまな心身の機能低下)などでは発症または手術後「2か月以内」で、股関節・膝関節の神経や筋、靭帯損傷後は「1か月以内」などとなります。

疾    患 発症から入院
までの期間
病棟に入院
できる期間
1)脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳炎、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症又は手術後、義肢装着訓練を要する状態 2ヶ月以内 150日
 高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷及び頭部外傷を含む多部位外傷 180日
2)大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節の骨折又は二肢以上の多発骨折の発症後又は手術後の状態 2ヶ月以内 90日
3)外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後または発症後の状態 2ヶ月以内 90日
4)大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靱帯損傷後の状態 1ヶ月以内 60日
5)股関節又は膝関節の置換術後の状態 1ヶ月以内 90日

入院生活について

回復期リハビリテーション病棟では、機能の回復やADL(日常生活活動)能力の向上による寝たきりの防止と、社会や在宅への復帰を目的としています。 病棟スタッフは日々、機能訓練に取り組まれている患者さまに対して、生活面のサポートをさせていただいています。

   
浴室  リハビリテーション訓練室
日常生活動作のリハビリテーション

入院のご相談

回復期リハビリテーション病棟の利用またはお問い合わせにつきましては、地域医療部医療福祉相談室
医療ソーシャルワーカーまでご相談下さい。

医療ソーシャルワーカー
TEL 06-6685-0221(代)
FAX 06-6683-0086(地域医療推進室直通)

▲TOPへ戻る

  • 入院のご案内
  • ご面会について
  • 外来受診のご案内