病理診断科

当病院は日本病理学会研修登録施設ならびに日本臨床細胞学会施設認定病院であり、病理医3名(常勤1、非常勤2)と臨床検査技師4名(うち細胞検査士2名)が組織診断、細胞診断に携わっており、院内で十分な病理検査ができるための設備を備えています。
さらに、部門内コンピュータ・ネットワークシステムにより、業務の円滑化、正確化が図られています。

病理検査について

1.組織診断:生検組織(胃、腸、肺の内視鏡検査などで病変の一部をとってきた組織)や手術で切除された組織を顕微鏡標本にし、観察し、どのような病気かを診断するものです。 治療方針の決定や病変の広がりを知るために欠かせない検査です。 手術中に迅速で標本を作成(下図の凍結切片作成装置を用いて)し、病変の診断や広がりを調べることもあり、術中迅速診断と言います。

大腸ポリープの顕微鏡所見、HE染色 凍結切片作製装置

 

2.細胞診断(いわゆる細胞診):痰や尿など液状検体に含まれる細胞のほか病変部に針を刺して吸引し、とれた細胞などを標本にし、顕微鏡で調べ、がん細胞がいるかなどを調べる検査です。がんのスクリーニングには欠かせません。

腹水中の中皮腫細胞、パパニコロー染色

 

3.ご遺族の了承のもとに、病死された患者さんのご遺体を解剖させていただくのが「病理解剖」で、剖検(ぼうけん)とも呼ばれています。 生前の診断は正しかったのか、どのくらい病気が進行していたのか、適切な治療がなされていたのか、治療の効果はどれくらいあったのか、死因は何か、といったことを判断します。

 

担当医のご紹介

名前 専門分野 所属学会 認定資格
小林 庸次 診断病理学
ことに小児病理学
日本病理学会
日本小児血液・がん学会
日本臨床検査医学会
専門医・研修指導医
 
臨床検査管理医

 

▲TOPへ戻る

  • 入院のご案内
  • ご面会について
  • 外来受診のご案内