放射線科

当科は、放射線科専門医研修協力機関であり、放射線科専門医2名、診療放射線技師17名、看護師3名で診療活動に従事しています。診療放射線技師のうち4名は女性技師で、マンモグラフィ検査には女性技師(検診マンモグラフィ撮影A認定放射線技師)があたるようになっています。

CT、MRI、消化管透視などの診断が中心ですが、肝動脈塞栓療法(TAE)などのインターベンショナル・ラジオロジー(IVR)も当科で行っています。 院内各科よりの依頼検査・治療のほか、地域の病院や診療所からの検査の依頼もお受けしており、地域医療にも貢献しております。

患者様には今後とも最高の医療、最新の医療を提供できるように努力していきます。

放射線科医師について

放射線科医師というと、内科や外科と違ってあまりなじみがない方も多いかと思います。 主な仕事の内容は、CT・MRIなどの写真を見て、診断(病気の種類や病変の範囲など)を行うことです。

当院では、夜間や休日を除き、CT、MRIはほぼ全例、そのほか胃透視や注腸といったバリウムをつかう消化管の撮影やDIP(点滴を使用する腎臓~膀胱の検査)などの診断を行っています。 また血管造影(カテーテル検査)による腫瘍や血管奇形等の診断や、さらには血管造影の技術を生かしたIVR(インターベンショナルラジオロジー)、たとえば肝癌の肝動脈塞栓療法(TAE)や転移性肝腫瘍に対しリザーバー留置術なども施行しています。画像診断の専門家である放射線科医師が診断することで、より的確な診断に寄与しています。

そのほか、患者様にどの検査が適しているか、内科や外科の医師らと相談をおこない、また各科のカンファレンス(症例検討会)に出席し、再度フィルムを見て診断の確認を行ってゆくのも重要な仕事のひとつです。

資格・認定

当科の放射線技師17名のうち、医療情報技師 1名、医用画像精度管理士 1名、AI認定技師 1名、検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師 6名 胃がん検診認定技師 5名 が資格・認定を受けています。
また当院は、マンモグラフィ検診施設画像認定施設となっています。

検査機器紹介

当科の検査機器はすべてデジタル・システムで構成され、患者様に少ない負担で、より良い検査を受けていただけます。

X線CT(マルチスライス・ヘリカル対応)

マルチスライス・ヘリカルCTは、同時に多断面(スライス)を撮影できることから、撮影時間がさらに短縮され、これまでのCTより精密な情報が得られることにより、頭部・胸部・腹部の全ての臓器疾患の早期発見に有効です。
またコンピュータ3次元(3D)処理により立体的画像を得られることから、微細な血管や病変構造の観察が詳細に行えます。

この装置は、64列の検出器とダブルスライステクノロジーによ り1回転で128スライスの断面が得られます。  1スライスは最薄で0.5mmです。0.5mmスライスで得られた画像で3D再構成をし ますから歪の無い画像を得ることが出来ます。  造影剤の流入を12回/秒で測定しながら造影効果を 確認し撮影開始タイミングを計りますから精度の高 い心臓CT検査が行えます。

詳しい検査内容については、医師までお問い合わせください


頭部 胸部 大腸・直腸
腹部 腹部 大動脈・下肢動脈

MRI(超伝導型) 世界最短、最静音の1.5T

電磁石を使用し、放射線被曝なしに全身の断面像を撮影できます。 多断面の撮影が可能、骨による障害がほとんどないなどの利点を生かし、特に脳疾患や関節、子宮・卵巣疾患で威力を発揮します。

頭部血管 MRA
腰椎、膝関節 非造影MR画像

血管撮影装置 INFX-8000V

X線受光面のFPD(平面検出器)とPureBrainによって鮮鋭度が従来に比べ格段に優れており、カテーテル寝台を動かさなくても全身を観察範囲とできるので心カテの後、下肢動脈まで患者様の体を 動かさなくても連続して撮影できます。
また、画像保存用高速磁気ディスクはトラブル時でも運転 を中断することなくデータの復元が出来ますから安心です。 今まで以上に安心して検査がうけていただけます。

フラットパネルディテクタ(FPD)搭載型マンモグラフィ

 当院ではフラットパネルディテクタ(FPD)搭載型のマンモグラフィ装置を使用しています。 この装置は、高い病変の描出力を持ち「しこり」として触れない早期の乳がんの発見にも大変優れています。
通常のマンモグラフィ撮影の他に、デジタルブレストトモシンセシス、ステレオタクティックマンモトーム生検も行っています。

 

・デジタルブレストトモシンセシス
通常のマンモグラフィ検査と同じ様に乳房を圧迫します。通常であればそのまま乳房に、垂直に撮影するのですが、デジタルブレストトモシンセシスでは、異なる9つの角度で撮影し、最後に画像を再構成することで平面だけではなく、奥行きの情報もある画像を得ます。奥行きの情報が入るため、これまでマンモグラフィでの診断が難しかった乳線の多い乳房にも有効です。

・ステレオタクティックマンモトーム生検
生検とは、ある病変を疑うものの組織を採取し、病理組織診断を行うことです。 ステレオタクティックマンモトーム生検では、その他の検査で良性か悪性かを判断できない石灰化病変をマンモグラフィ撮影を用いながら穿刺して、組織を採取する検査です。

検査中は、乳房を圧迫したままの状態であるというデメリットはありますが、傷痕は数ミリ程度ですので縫合の必要がなく、痕もほとんど残りません。 局所麻酔下で行うため痛みもなく、1度の穿刺でより確実な診断のできる検査となっています。

・CAD(コンピューター検出支援装置)
ネットワーク経由でデジタルマンモグラフィのデータを受信し、マンモグラフィ上の関心領域を自動的に検出する診断支援装置です。 マンモグラフィ上にある石灰化や腫瘤などに反応し、その領域に自動的にマークを表示します。

担当医のご紹介

名前 専門分野 所属学会 認定資格
中島 秀行 画像診断 日本医学放射線学会
日本核磁気共鳴学会
専門医
境 一光 血管造影 日本医学放射線学会 専門医

 

▲TOPへ戻る

  • 入院のご案内
  • ご面会について
  • 外来受診のご案内