胸部外科

胸部外科では主に呼吸器疾患の診療を行っています。
なかでも肺がんは近年増加の一途をたどっており、当科でも多くの肺がん患者さんの診療を行っていますが,高齢化に伴い80歳台の患者さんが増加しています。
また発見が遅れるため、来院されたときにはすでに進行しており手術の出来ない方が多いのも肺がんの特徴です。
当科では手術以外にも、抗がん剤や放射線治療を組み合わせて最善の治療を受けていただけるように努力しています。
現在肺がんは最も死亡率の高いがんとして知られています。男性では1995年から胃がんを引き離して連続で死亡率1位であり、女性でも2015年には大腸がんに次いで死亡率2位となっています。

がん死亡率

 

がん死亡数予測

肺がんの診断には咳や血痰などの症状の他に、レントゲン、CT、腫瘍マーカー、喀痰細胞診、PET、気管支鏡検査などを組み合わせて行います。

チャート

 

 肺がんの診断

  ・臨床症状

  ・胸部レントゲン、胸部CT

  ・腫瘍マーカー

  ・喀痰細胞診、胸水細胞診

  ・気管支鏡

  ・PET(陽電子放射断層撮影)

  ・胸腔鏡下生検、開胸下生検

  ・手術

 

特にCTでは図のように1センチ程度の小さい肺がんもはっきりわかるため有用な検査となっています。

スライド5

 

しかしこのような小さい肺がんを診断することは困難な場合もあり、胸腔鏡による生検や手術が必要になることもあります。
気管支鏡検査では図のように気管支を閉塞する腫瘍を確認して診断することができます。

スライド6

 

治療法としては外科手術、抗がん剤治療、放射線治療、免疫療法があります。
抗がん剤治療も、タイプの違う薬を組み合わせておこなう多剤併用療法の成績が向上していますが、まだまだ不十分であり、分子標的薬や近年新しく開発された免疫療法の有効性が期待されています。

 肺がんの治療

  ・外科治療

   標準治療(肺葉切除術、肺全摘術)

   縮小手術(部分切除術、区域切除術)

   胸腔鏡手術

  ・抗がん剤治療

   従来の抗癌剤(DNA、RNA阻害剤)

   分子標的薬(EGFR遺伝子変異、ALK融合遺伝子)

  ・放射線治療

  ・免疫療法

 

また肺がん以外にも若い男性に多い自然気胸や大腸がん、乳がんなどの転移性肺がん、縦隔腫瘍などの手術を行っています。
その他にもペースメーカー植え込み術も循環器内科と連携して行っています。

院長 胸部外科部長  柿本 祥太郎

手術件数(平成29年)

肺がん 転移性肺がん 良性肺腫瘍 縦隔腫瘍 自然気胸 ペースメーカー
17例 10例 2例 6例 7例 35例

担当医のご紹介

名前 専門分野 所属学会 認定資格
柿本 祥太郎 呼吸器外科
ペースメーカー
日本外科学会
日本胸部外科学会
日本呼吸器外科学会
日本循環器学会
日本心臓血管外科学会
日本血管外科学会
指導医・専門医
指導医
 
専門医
森田 雅文 心臓血管外科専門医     
田中 馨 胸部外科認定医     
月岡 卓馬 呼吸器外科専門医     

胸部外科担当表

診療時間
午前診  9:00~12:00 (木曜日9:30~)
(担当表の枠内に名前記載している箇所が診療帯です。)
※火曜日は手術日のため診療は行っていません。

※最新情報にするためにブラウザの「更新」ボタンをクリックしてください

胸部外科担当表
  月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜
午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後
B4 柿本   高橋
心臓血管外科
第1.3.5週
   柿本   柿本   柿本      

※ 初診を除く診察は、予約制です

▲TOPへ戻る

  • 入院のご案内
  • ご面会について
  • 外来受診のご案内