地域包括ケア病棟 | 入院のご案内

地域包括ケア病棟とは

 平成26年度の診療報酬改定に伴い新設された在宅・生活復帰を目指す病棟です。
 通常では急性期治療を終了し病状が安定すると退院になりますが、急性期治療を終了してもすぐに在宅復帰、また施設へ移ることが困難な患者さまや、在宅や施設で療養されていても体調が不安定で、体調管理や療養指導が必要な患者さまに対応する病棟です。

 入院、転棟後は「在宅復帰支援計画」に基づき60日を上限として、主治医、看護師、リハビリスタッフ、ソーシャルワーカー、その他メディカルスタッフが協力して在宅復帰支援を行います。

 担当医師 : 濱田 偉文 、 中西 宣文

対象患者さま

  1. 入院治療により状態は改善したが、当院でもう少し経過観察(療養)が必要な患者さま
  2. 入院治療により病状が安定し、在宅復帰に向けてリハビリテーションが必要な患者さま
  3. 在宅復帰にあたり、環境整備等の準備が必要な患者さま
  4. 在宅や施設から、地域医療部の担当者を通じてご依頼の患者さま

※ 地域包括ケア病棟へ直接入院となるか、あるいは急性期病棟からの転棟となるかは主治医が判断し、提案させていただきます。

診療について

 地域包括ケア病棟での診察は観察経過、体調管理が主となるため、急性期の治療が必要となった場合には、主治医の判断で当院の急性期病棟への転棟や、治療可能な病院へ転院していただくことがあります。

注意事項

  1. 入院、転棟の可否については判定会議(医師、看護師、リハビリスタッフ、医療ソーシャルワーカー等)により検討し決定します。
  2. 入院期間については60日に利用が可能ですが、あくまでも最大日数です。 退院時期については担当者会議により、身体状況やリハビリの進捗状況、在宅の環境調査等を総合的に検討し決めさせていただきます。
  3. 地域包括ケア病棟では原則として、当院のリース物品を使用していただきます。 (例外についてはご相談下さい)

ご利用について

 地域包括ケア病棟の利用またはお問い合わせにつきましては、地域医療部医療福祉相談室
 医療ソーシャルワーカーまでご相談下さい。

医療ソーシャルワーカー
TEL 06-6685-0221(代)
FAX 06-6683-0086(地域医療推進室直通)

▲TOPへ戻る

  • 入院のご案内
  • ご面会について
  • 外来受診のご案内