南大阪病院について

理事長  柿本 祥太郎

ご挨拶

南大阪病院は1951年、現在の地に115床の病院として開設され、1962年には大阪府下で初めての240床の民間総合病院として認可されました。
その後順調に発展を遂げ、看護専門学校や臨床検査技師専門学校の開設また厚生省認可第1号となる健康増進施設(南大阪総合健診センター)の開設など、常に一歩先んじて社会の要請に応えてきました。
そして2014年には400床の新病院が竣工し新たな南大阪病院として生まれ変わりました。
当院は病院開設以来”地域から喜ばれ信頼される病院をめざします”という創立理念のもと、優秀な医療スタッフの確保、診療部門の充実、新規医療機器の導入などを積極的に行い、地域の中核病院としての役割を果たしてきました。

その中で1昨年から始まった新型コロナ感染症の流行においても、発熱外来の開設、入院患者さんの受け入れ、ワクチンの接種など、行政や保健所と連携して対応してきました。
今年1月からの第6波では全国的に感染患者数が急増し、特に大阪では死亡者数が全国1位となるなど厳しい状況が続きましたが、3回目のワクチン接種も進み、ようやく減少傾向となってきました。
現在あらたな内服薬の開発も進行しており、国産のワクチンや内服薬が認可される日も近くなっています。
新型コロナウイルを完全になくすことは困難と思われますが、うまく共存をはかり、早く以前のような生活に戻りたいものです。

当院では4月からの新年度に、医師、看護師、臨床検査技師、臨床工学技士、放射線技師、理学療法士、管理栄養士など76名の新入職者を迎えることができました。
医療現場では多くの人の力が必要であり、一人の患者さんに多職種がかかわるチーム医療が重要です。新人の皆さんが新たな病院の戦力となることを期待しています。
当院は今後も新型コロナ感染症対策を行いながら、通常の診療を継続し、皆様の信頼にこたえ、地域医療を守っていきたいと考えております。

 

南大阪病院長  福田 隆

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
2020年も皆様方にとって幸多き1年になりますようお祈り申し上げます。
この原稿を書いている2021年12月初旬には日本の新規コロナ感染者数は1日100人代と減少していますが、世界的には再度感染拡大が進んでおり、特にオミクロン株の脅威が大きな話題となっています。本邦でも既に感染者が確認されていますが、2022年初頭にもういを振るっていないことを祈っています。

1.with コロナ、そして Over コロナへ
2020年、21年と同様に、22年もコロナとともに(with)、ある意味コロナを中心に社会が回ることは避けられない状況です。しかし、医療従事者としてコロナ終息後(After)をただ待っているわけにはいきません。今年こそ変異・進化を続けるウイルスに人類の英知が追い付き、打ち勝ち乗り越える(Over)日が来ることを期待して、昨年同様に地域の基幹病院としての役割を果たす覚悟です。昨年はコロナ入院患者受け入れのため1病棟50床をコロナ専門病棟としました。6つある急性期病棟の内1つを専門化することは大きな決断でしたが、非常事態宣言の中でとにかく出来ることをやろうと、全部署全職員協力の元での対応でした。

2.病院改革・働き方改革
with コロナ、Over コロナの時代でも日本の少子高齢化が進む中、医療改革の必要性に待ったはありません。いわゆる「団塊の世代」が後期高齢者(75歳)に達する2025年問題、その先には65歳以上の高齢者人口が100万人を突破する一方で医療者、介護者数が不足し、十分な医療・介護が提供できない危険性が大いにあります。
この日本全体の将来像を見据えて、当院も病院改革、働き方改革を推進したいと思います。患者サービス向上を目指した上での医療の効率化を図り、そのためのDX(デジタルトランスフォーメーション)導入を積極的に行います。職員が自らのライフキャリア・ワークキャリアをデザインし、目標をもって明るい人生が送れるように支援します。

昨年の年頭挨拶でも述べましたが、コロナや社会情勢でいかに医療体制が変化しても、我々医療者が求めるものは常に患者さんの笑顔です。今日も患者さんの笑顔を、そしてみんなの笑顔を願って1日が始まります。
本年もよろしくお願いします。

 

▲TOPへ戻る

  • 入院のご案内
  • ご面会について
  • 外来受診のご案内