院内がん登録

院内がん登録

がん登録とは

がん登録には、「地域がん登録」「院内がん登録」「臓器がん登録」の3種類があります。
がん統計情報は、わが国のがん対策のための基礎資料として必要不可欠なものです。
「地域がん登録」は府で集計を行い地域の特性を、「院内がん登録」は国で集計を行い医療機関単位での解析を、「臓器がん登録」は新しい治療法等学術的な検討に用いられています。

当院のがん登録への取り組み

当院は、昭和50年1月より地域がん登録事業に参加し登録してきました。
大阪府がん診療拠点病院の認定に伴い、平成24年1月より診療情報管理課において院内がん登録を開始しています。
電子カルテ等に蓄積された情報に基づき、国立がん研究センターの院内がん登録実務者研修を修了した診療情報管理士が登録を行っています。

院内がん登録により得た情報は、法令および当院の個人情報保護方針に基づき適正に取扱い、保護、管理しています。

院内がん登録の目的

登録により収集された情報は、以下の目的に利用しています。

  1. がん診療の実態把握
  2. 診療活動の支援、研修、教育のための資料
  3. 生存率の計測
  4. 大阪府がん登録への届出
  5. 国立がん研究センターへの情報提供(全国がん集計)

がんに関する情報サイト

がん診療に関連するページを紹介しています。 ご参照ください。

  1. 大阪国際がんセンター がん対策センター:がん患者さんへの情報発信
  2. 大阪がん情報提供コーナー:大阪府立成人病センターがん予防センター
  3. 大阪がんええナビ:大阪がんええナビ大阪がんええナビ:大阪がんええナビ
  4. がん情報サービス:独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センター

数字で見る 当院のがん登録 gantouroku_image

総登録件数 年次推移

診 断 年 平成26年 平成25年 平成24年
総登録件数  658  517 504

 

部位別登録件数 年次推移

部 位 平成26年 平成25年 平成24年
 口腔・咽頭 5 5 4
 食道 25 19 11
 胃 79 89 87
 大腸(結腸・直腸) 159 134 138
 肝臓 45 32 25
 胆嚢・胆管 17 16 21
 膵臓 22 17 16
 喉頭 4 0 0
 肺 90 55 55
 骨・軟部 _ 0 0
 皮膚(黒色腫を含む) 8 13 5
 乳房 73 65 56
 子宮 4 _ _
 卵巣 _ _ 0
 前立腺 36 25 25
 膀胱 38 13 19
 腎・他の尿路 21 6 14
 脳・中枢神経系 0 0 0
 甲状腺 4 5 _
 悪性リンパ腫 10 7 11
 多発性骨髄腫 _ _ _
 白血病 0 _ 0
 他の造血器腫瘍 _ _ 0
 その他 11 9 13
658 517 504

※4件未満の件数は個人情報の特定が懸念されるため”-”(ハイフン)で表示しています。

 

平成26年診断症例実績

 

gantouroku_1 院内がん登録総数

平成26年の院内がん登録件数です。登録数は年々増加しています。

 

gantouroku_2 自施設初回治療割合

がんと診断された患者さまの約80% (513件)が当院で初回治療を開始されています。より詳しい検査や専門的な治療が必要な場合は、大学病院など連携医療機関にご紹介して診療を進めています。
※ 症例区分グラフ参照 (集計条件:症例区分8除外)

 

gantouroku_3 5大がんの登録割合

当院は日本で多く見られる5大がん全てに対応しています。全体の約70%を占めています。詳細は各診療科のページをご覧ください。
※ 5大がんとは胃がん、大腸がん、肝がん、肺がん、乳がんをいいます。

gantouroku_image4 gantouroku_image5 gantouroku_image6 gantouroku_image7 gantouroku_image8

 

gantouroku_11 前立腺・膀胱・腎尿路 の登録数

当院は泌尿器領域のがんにも対応しています。全体の約15%を占めており、治療件数も年々増加傾向です。詳細は泌尿器科のページをご覧ください。

gantouroku_image9

 

gantouroku_12 他院より紹介された件数

がんの診断・治療のため地域の医療機関から紹介、またはがん検診や健康診断等で要精査といわれ、詳しい検査を受けるため当院を受診された患者さまの数です。来院経路では他院より紹介が最も多く全体の約60%を占めています。
※ 来院経路グラフ参照

 

gantouroku_13 他疾患経過観察中に発見された件数

発見経緯が他疾患経過観察中であった患者さまの数です。発見経緯は、がんが見つかるきっかけとなった状況を把握するための項目です。当院は院内連携、また紹介くださる地域の医療機関の先生との連絡を密にして、地域住民の皆さまに安心できる医療の提供に努めています。
※発見経緯グラフ参照

 

gantouroku_14 大阪府地域がん登録への届出

当院は昭和50年1月より 大阪府地域がん登録事業に参加し登録しています。今年で41年目になります。大阪府地域がん登録へ登録することにより、大阪府のがん対策に役立ちます。地域住民の皆様の健康を 診守っていける南大阪病院であり続けたいと願っています。

gantouroku_15

 

gantouroku_16

gantouroku_image17

 

gantouroku_18 5大がんの初回治療件数

当院で5大がんの初回治療を開始された件数です。当院は大阪府がん診療拠点病院として、幅広いステージ(病期)の患者さまの診療を行っています。以下のグラフは当院でがんの初回治療を開始された患者さまについて臓器別、ステージ(病期)別に集計したものです。

大腸がんが最も多くなっており、次いで胃がん、肺がん、乳がん、肝がんの順になっています。当院ではステージ(病期)が進行している場合でも、その病態に応じた手術、抗がん剤や緩和ケア治療など、最良の治療を提供できるよう努めております。緩和ケアの詳細につきましては「緩和ケアについて」のページをご覧ください。
※集計条件:院内がん登録標準登録様式 症例区分2,3

gantouroku_image10

gantouroku_image19

病期分類について|UICC(国連対がん連合)TNM分類

ステージ(病期)は以下の3つの要素を組み合わせて決められます。
1. がんがどのくらいの大きさになっているか(T因子)
2. 周辺リンパ節に転移しているか(N因子)
3. 別の臓器への転移はあるか(M因子)

これによって病期を大きく0~Ⅳ期の5つに分類します。0期に近いほどがんが小さくどどまっている状態、Ⅳ期に近いほどがんが広がっている状態(進行がん)です。
※国立がん研究センターがん情報サービス より

登録・統計作成に関する諸条件

  • 登録対象は、入院、外来問わず平成24年1月1日以降に診断された、すべての悪性腫瘍(原発部位)、および脳の良性腫瘍。
  • 当該腫瘍に対する初回の一連の検査・治療内容について登録。初回治療登録後の最新・再発情報については登録対象としない。登録完了後は予後情報の追加のみを行う。
  • 1腫瘍1登録とし、多重がんの場合は個別に登録。「がん診療連携拠点病院 院内がん登録標準様式2006年度版修正版」に準拠。
  • 病期分類(ステージ分類)はUICC TNM悪性腫瘍の分類第7版、部位および組織コードについてはICD-O-3により分類。

 

  • 入院のご案内
  • ご面会について
  • 外来受診のご案内