逆流性食道炎の症状について

内視鏡外科 部長 竹村 雅至

内視鏡外科部長の竹村と申します。

今回は最近増えてきているとされている逆流性食道炎の症状について解説します。逆流性食道炎とは食道と胃のつなぎ目がゆるみ、胃内に入った食物や胃液が食道に逆流してくることにより様々な症状を呈する疾患です。逆流性食道炎はもともと日本人には少ない病気であると認識されていましたが、食事の欧米化が進み脂肪分の多い食事をするようになったことやピロリ菌感染率の低下により胃液の分泌量が増加することが逆流性食道炎の一因とされています。さらに、加齢とともに食道と胃のつなぎ目にある逆流を防止する筋肉(括約筋)がゆるみ逆流防止のための機能が低下することや、食道裂孔ヘルニアと呼ばれる胃が胸に脱出する状態になっている方が増加することで逆流を起こしやすい状態になっている方が増えていることも原因と考えられています。

この逆流性食道炎の最も多い症状は胸焼けと呑酸です。胸焼けはみぞおちのあたりが痛んだり、胸が焼けるというような感じを自覚される方が多くおられますが、その感じ方は個人差が大きく症状の程度も非常に多彩です。症状の強い方では非心臓性胸痛と呼ばれる、心臓の発作と間違うような、突発的に生じる強い胸痛を訴えられる方もおられます。このため、心臓の発作と間違い、循環器内科を受診される方もおられます。

逆流性食道炎の症状

 

また、喉(のど)の違和感やしめつけ感を訴えられる方も多いことが逆流性食道炎の特徴で、喉に症状があるため耳鼻科を受診される方も多くおられます。逆流性食道炎の方の喉の違和感は喉の部分に異常があるため生じるのではなく、逆流してくる胃液を喉の部分にある括約筋が反射的に収縮することで、口まで戻さないようにする防御反応のひとつであり以前はヒステリー球と呼ばれていました。さらに、逆流してくる胃液の刺激により、慢性の咳や喘息様発作を生じる方もおられます。慢性の咳や喘息様発作の原因ははっきりしていませんが、逆流性食道炎の治療をすると改善される方や、外科的治療により胃液の逆流を減少させることで症状が改善する方がおられることが知られています。これらに加え、中耳炎や齲歯、生体ポリープなどの原因にもなっている可能性も指摘されています。

逆流性食道炎は以上のように非常に多彩な症状を呈する疾患ですが、逆流性食道炎と同様の症状を呈する疾患に非びらん性胃食道逆流症と呼ばれる特殊な病態があります。非びらん性胃食道逆流症は、内視鏡検査では逆流性食道炎の所見はほとんどないのに、逆流性食道炎の症状を自覚され、そのうちでも特に喉の違和感が強いという特徴があります。この病態の原因はまだ明らかになっていませんが、食道と胃のつなぎ目の部分に知覚過敏があり、少量の胃酸の逆流でも症状が強く反応してしまい、喉の部分も同時に反応することで自覚症状が強くでてしまうと考えられています。さらに、逆流性食道炎に使用される、胃酸を抑制する薬では症状の改善に乏しいことも特徴で、知覚過敏を抑えるため精神安定剤を使用すると症状が改善する方もおられます。

逆流性食道炎とよく似た症状を示す病気

 ・食道裂孔ヘルニア
 ・食道癌
 ・慢性胃炎
 ・胃潰瘍・十二指腸潰瘍
 ・胃癌
 ・胆嚢炎
   など

逆流性食道炎と同様の症状を呈する疾患に食道癌や胃癌もありますので、逆流性食道炎と思われる方は内視鏡検査を一度受けられることをお勧めします。また、当院外科では食道疾患を専門とする医師が2名常勤しておりますので、逆流性食道炎のことでお悩みの方やご相談されたい方は一度受診いただければ症状の改善の一助になり得ると考えています。


内視鏡外科 その他のお知らせ

 ■ 逆流性食道炎の症状について

 ■ 当院で導入した減量手術(肥満手術)について

 ■ 食道裂孔ヘルニアに対してなぜ手術が必要か

 ■ 逆流性食道炎の治療について

 ■ 食道裂孔ヘルニアの手術適応について

 ■ のどの違和感とつまり感の原因について

 ■ 食道アカラシアという病気をご存知ですか?

 ■ 食道裂孔ヘルニアに対する治療と腹腔鏡下手術について

 ■ 当院で新しく導入した腹腔鏡内視鏡合同手術についてご紹介します

 ■ 当院における内視鏡外科(腹腔鏡下)手術について

  • 入院のご案内
  • ご面会について
  • 外来受診のご案内