食道裂孔ヘルニアの大きさと症状の程度について

内視鏡外科 部長 竹村 雅至

内視鏡外科部長の竹村と申します。

通常は病気の進行度や程度とそれに伴う様々な症状の程度には相関が見られることが多く、病気の 進行により症状が悪化していきます。しかし、食道裂孔ヘルニアは非常に特殊な病気で、その大き さ(程度)と症状が一致しない方が多くおられます。食道裂孔ヘルニアは内視鏡を施行した方の約 半数に認めるという多い疾患で、I型(滑脱型)からIV型(複雑型)まで、4型に分類されていま す。このうち、I型の小さな食道裂孔ヘルニアは最も多く食道裂孔ヘルニアの90%以上を占めると されており、IV型は非常にまれです。食道裂孔ヘルニアという病気の中ではI型(滑脱型)は非常に 小さく軽度のものであり、比較的若い男性によく見られます。I型食道裂孔ヘルニアは症状が全くなく無症状で経過される方から高度の逆流性食道炎を呈している方まで様々です。逆流性食道炎が高度の場合には、胃酸を抑える薬を服用することで症状が良くなる方があります。

 

また、内視鏡検査で逆流性食道炎の程度は軽度であっても、胸部不快感や喉の違和感、夜間に口まで逆流してくるなどの症状
が非常に強い方が存在することも特徴です。内視鏡検査だけを見ると、食道裂孔ヘルニアの程度が極軽度であるため、かかり
つけの医師からは「問題ありません」や「非常に軽度の食道裂孔ヘルニア」などと説明があり、症状の強さと一致しないため、このギャップに悩まれる方も比較的多い特殊な病態です。

一方、III型・IV型の大きな食道裂孔ヘルニアを持つ方は高齢の女性が多く、胸部不快感や嘔吐がよく見られる症状で、逆流性 食道炎による症状は比較的軽度な方が多いのが特徴です。さらに、ご高齢の方では嘔吐から誤嚥性肺炎を生じる方もおられます。この胸部不快や嘔吐は薬で改善しない方が多いことが特徴です。薬による治療を行なっても改善しない方に対する治療法として、外科的治療が行われるようになってきています。

その一方で、食道裂孔ヘルニアに対する外科的治療は海外では非常に多く行われている消化器外科手術ですが、日本では専門に行っている施設は非常に少数です。これは、日本ではこれまで様々ながんに対する外科的治療が優先され、がん以外の疾患に対する外科的治療が積極的には行われてこなかったという経緯があります。 しかし、最近では良性の病気でもそれにより長く症状に悩まれておられる方に対する外科的治療が、生活を改善・向上させ得る手術として注目されています。

当院では2017年より食道裂孔ヘルニアに対する腹腔鏡手術を導入し、食道裂孔ヘルニアに伴う様々な症状を改善する手術と して、積極的に行ってきました。現在では年間手術件数が日本最多となり、これまで250例を超える方に手術を適応してきました。手術件数が増えることで、手術術式への習熟が進み、安全に安定して行えるようになっています。2019年以降2021年まで3年連続日本最多の手術件数となっていますが、今後とも安全に手術を行うことを優先し、食道裂孔ヘルニアに対する手術を行っていきたいと考えております。


内視鏡外科 その他のお知らせ

 ■ 食道裂孔ヘルニアの大きさと症状の程度について

 ■ 夜間に苦いものが口まであがってくる 胃液が逆流してくる症状について

 ■ ラジオ大阪の「荒川哲男の元気だしてゆこう」に ラジオ出演させていただきました

 ■ 食道裂孔ヘルニア・逆流性食道炎に対する手術件数が2年連続日本最多になりました

 ■ 鼠経ヘルニアに対する土曜日手術を始めました

 ■ 当院の鼠経ヘルニア(脱腸)に対する手術について

 ■ ご高齢の方の嘔吐と胸の不快感の原因としての食道裂孔ヘルニアについて

 ■ 従来の腹腔鏡手術とくらべてさらに傷の少ない単孔式腹腔鏡手術を導入しました

 ■ 制酸剤(プロトンポンプインヒビター:PPI)長期投与の問題点について

 ■ 食道裂孔ヘルニア・逆流性食道炎の手術件数が日本最多になりました

 ■ 食道裂孔ヘルニアに対する手術の効果と目的について

 ■ 食道裂孔ヘルニアという病気をご存知ですか?

 ■ 心臓に異常のない胸の痛みにつて

 ■ 食道の運動機能を測定する検査について(食道内圧測定)

 ■ 胃に対する外科的な手術後の難治性の逆流性食道炎について

 ■ 食道裂孔ヘルニアによる症状について

 ■ 逆流性食道炎の症状について

 ■ 当院で導入した減量手術(肥満手術)について

 ■ 食道裂孔ヘルニアに対してなぜ手術が必要か

 ■ 逆流性食道炎の治療について

 ■ 食道裂孔ヘルニアの手術適応について

 ■ のどの違和感とつまり感の原因について

 ■ 食道アカラシアという病気をご存知ですか?

 ■ 食道裂孔ヘルニアに対する治療と腹腔鏡下手術について

 ■ 当院で新しく導入した腹腔鏡内視鏡合同手術についてご紹介します

 ■ 当院における内視鏡外科(腹腔鏡下)手術について

  • 入院のご案内
  • ご面会について
  • 外来受診のご案内